【実録】個人投資家・中田健介の2023年度投資実績公開

share:

#事例 #専門家コンテンツ
こんにちは。投資家・ブロガーの中田健介です。私は現在投資としてはアパート投資・古家投資株式投資投資信託・外国国債などを手掛けています。

今回は、それらの2023年度・投資実績について公開します。

筆者:中田健介(投資家・実業家・ブロガー)
IT系企業に勤務する傍ら、2010年からソーシャルレンディングでの資産運用を開始。同時にブログ「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」を開設。 著書に「年利7%! 今こそ『金利』で資産を殖やしなさい!~日本初! 融資型クラウドファンディング投資の解説書」(ぱる出版)がある。

1.【現物不動産】アパート投資

私は2018年に埼玉県で土地を購入し、9部屋のアパートを新築しました。土地・建物の金額は合わせて約1億400万円でした。購入に際しては銀行で約1億100万円のローンを組みました。35年ローンで、金利は2.5%です。2019年から賃貸として運営しています。現在の各部屋の月額賃料は以下の通りです。

途中何度か退去もありましたが、比較的スムーズに次の入居者が決まり、おおむね満室となっています。各部屋の家賃は6万5,000円~6万9,000円で、合計の家賃収入は60万5,000円/月となっています。

2023年度の収支

2023年度の家賃収入は合計700万8,937円でした。一方の支出は、管理手数料などが102万4,015円、ローン返済が438万4,056円、固定資産税が34万300円、税理士顧問料が26万9,433円、法人税が7万円の、計608万7,804円でした。収益としては+92万1,133円となります。

なお、2024年初時点でのローン残高は約9,500万円です。

項目 金額(円)
収入 賃貸料 7,008,937
支出 管理手数料など 1,024,015
ローン返済 4,384,056
固定資産税 340,300
税理士顧問料 269,433
法人税 70,000
(小計) 6,087,804
収益 921,133

2.【現物不動産】古家投資

私は現在神奈川県厚木市と千葉県柏市に古家を1件ずつ保有しています。

神奈川県厚木市物件

私は2021年に神奈川県厚木市で築40年ほどの古家を595万円で購入し、それを165万円かけてリフォームしました。投資額としては760万円です。2022年から賃貸として運営しており、賃料は月82,500円です。 2023年度はずっと入居者がおり、家賃収入は合計99万円でした。

一方、支出は固定資産税が7万7,000円かかりました。ローンを組んでおらず、管理も自主管理のため、特に他のコストはかかっていません。収益としては91万3,000円となりました。

項目 金額(円)
収入 賃貸料 990,000
支出 固定資産税 77,000
収益 913,000

千葉県柏市物件

私は2022年に千葉県柏市で築50年ほどの古家を280万円で購入し、それを360万円かけてリフォームしました。投資額としては640万円です。2023年5月から賃貸として運営しており、賃料は月7万円です。 2023年度の家賃収入は合計56万円でした。

一方の支出は固定資産税が9,400円でした。ローンを組んでおらず管理も自主管理のため、特に他のコストはかかっていません。収益としては55万600円となりました。

項目 金額(円)
収入 賃貸料 560,000
支出 固定資産税 9,400
収益 560,600

3.株式・投資信託

私は2023年初時点で以下の株式・投資信託を保有していました。その時点での価格は合計1,809万7,920円でした。そして、これらの株式・投資信託を2023年中に全て売却しました。売却時の価格の合計は1,922万1,104円でした。112万3,184円の利益を上げたことになります。

なお、売却の理由は、私が運営していた接骨院事業に資金を振り向けるためでした。

銘柄 種別 年初時点での評価額 売却時の評価額 利益(円)
RobotHome【1435】 株式 766,100 763,788 -2,312
JPMアジア・成長株・ファンド 投資信託 4,057,112 4,346,286 289,174
フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド 投資信託 5,340,591 5,831,332 490,741
イーストスプリング・インド公益インフラ債券ファンド 投資信託 3,646,095 3,568,830 -77,265
フロンティア・ワールド・インカム・ファンド 投資信託 4,288,022 4,710,868 422,846
(合計) 18,097,920 19,221,104 1,123,184

4.外国国債

私は2023年初時点でブラジル国債とロシア国債を保有していました。

ブラジル国債

私は2023年初時点で145万4,697円分のブラジル国債(2028年償還)を保有していました。

そして、このブラジル国債を2023年中にすべて売却しました。売却時の価格は140万5,640円でした。4万9,057円の損失が出たことになります。

銘柄 種別 年初時点での評価額 売却時の評価額 利益(円)
ブラジル国債(2028年償還) 国債 1,454,697 1,405,640 -49,057
(合計) 1,454,697 1,405,640 -49,057

ロシア国債

私は2023年初時点で8万1,724円分のロシア国債(2027年償還)を保有していました。これも売却しようとしたのですが、当時ロシア国債は取引停止となっていたため、売却できませんでした。そのため、2023年末時点でも保持していました。

このロシア国債の2023年末時点での価格は6万1,583円でした。2万141円の損失が出たことになります。

銘柄 種別 年初時点での評価額 売却時の評価額 利益(円)
ロシア国債(2027年償還) 国債 81,724 61,583 -20,141
(合計) 81,724 1,405,640 -20,141

中田健介・2023年度投資実績の総括

投資実績まとめ2023年度の投資による利益の状況をまとめると以下の通りです。

項目 利益(円)
アパート 921,133
厚木市古家 913,000
柏市古家 550,600
株式・投資信託 1,123,184
ブラジル国債 -49,057
ロシア国債 -20,141
(合計) 3,438,719

2023年度の投資による利益の合計は3,438,719円となりました。 2023年度は、株高・円安の恩恵を受けて株式・投資信託で100万円以上の利益をあげることができました。ただ、2023年にこれらをすべて売却してしまったので、2024年以降は株高の恩恵は得られません。

また、アパート・古家投資でも満室を維持することができ、安定して利益をあげることができました。古家投資にも慣れてきたので、今後も是非物件を増やしていきたいと考えています。ブラジル・ロシア国債では残念ながら若干の損失を出しました。ただロシア国債はあと何年か保持していればいずれ価格が回復するかも知れません。

トータルでの利益は340万円ほどで、まあまあの水準といえるでしょう。

share:

  • 記事を書いた人 中田健介

    IT系企業に勤務する傍ら、2010年からソーシャルレンディングでの資産運用を開始。同時にブログ「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」を開設。 著書に「年利7%! 今こそ『金利』で資産を殖やしなさい!~日本初! 融資型クラウドファンディング投資の解説書」(ぱる出版)がある。

    この執筆者の記事を見る
こちらの記事もおすすめ
ソシャレンの選び方
ソーシャルレンディングは危ない?安全に投資するための完全ガイド
NEW

#事例

ソシャレンの選び方
過去に不祥事により行政処分を受けたソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディング事業者
NEW

#事例

不動産クラファン
元手は退職金。55歳FIREを目指し邁進中ーー公務員投資家・りょう氏インタビュー

#事例

不動産クラファン
元薬剤師・主婦投資家の“お金のふやし方”ーー投資家・ココ氏インタビュー

#事例

ソシャレン
【FP解説】ソーシャルレンディング投資は公務員でもできる?注意点を解説

#専門家コンテンツ

不動産クラファン
投資家から絶大な信頼を得るWebサイトを運営・高橋要氏(カナメ先生)インタビュー

#事例